土日のコンビニATMを利用できない時の対処法とは

土日のコンビニATMを利用できない時の対処法とは

土日祝日に返済をしようとコンビニに行きました。そうしたら、ATMが利用できないとメッセージが出て、借入の返済をすることができませんでした。こんな時に、トラブルにならないためには、どうすればいいですか?

返済トラブルを避けるには平日の返済できる時間を作ることです

消費者金融を利用したことがない人が意外と知らないことが返済の際に発生するATMに関するトラブルです。特に、土日に返済をしようとしている人は、現金での振込がATMからできないために、返済ができずに困るというケースが多いのが特徴です。また、平日は仕事があり、ATMがそもそも利用できない場合は、返済することができる時間が限られているというケースも少なくありません。こういったケースでのトラブルを避けるには、返済に充てる時間を平日につくるしかありません。流石に会社などから1日中出ることができない、というようなことはないでしょうから、少しでも時間を見つけて、土日にATMを使わずに返済する方見つけるしかありません。

また、それ以外にも、消費者金融を選ぶ段階で、こうしたトラブルを避ける方法もあります。一番確実なのは、インターネットバンキングに対応している消費者金融と24時間対応が可能な消費者金融です。この二つを利用すれば、土日のATM返済に関するトラブルは解消できることが多いです。これらを選ぶことができなければ、平日に返済できる時間を少しでも作ること重要です。特に、返済日付近である程度時間的余裕が作れないと、下手をすると滞納行為になってしまうので注意が必要です。

土日、銀行のATMが利用できない時はコンビニへGO!!

土日・週末は友だちからの急なお誘い、急な支払いが重なってすぐにお金が必要になることってよくありますよね。とは言っても銀行のATMはたまに利用できないこともありますし、その上どこにでもあるわけではありません。また近くにコンビニATMはあるといっても、割高な手数料がかかるので利用するのはできるだけ避けたいですよね。

でもコンビニATMをぐっとお安く使える裏ワザがあるんです。その方法とはキャッシング使うことなんです。大体のカードキャッシングを提供している会社は、利用手数料がタダのところが多いからなんです。しかし、もちろん一時的とは言っても、お金を借りるわけですから利息は必要になってきます。え?そうしたら余計に手数料かかっちゃうんじゃないのかと思われるのも無理はありません。

ところがそうでもないんです。では早速計算してみましょうか。

例えば急に1万円が入用になって一週間借りたとします。年利は一般的な14%だとすると、1万円×0.14÷365日×7日=27円 となります。

27円とは利用手数料よりも驚くほど安いですよね。いつも利用されている金融機関にもよりますが、100~200円かかる手数料を27円に抑えられるんです。

でも、お金を借りるまでの審査が大変そう、そう思われるかもしれません。最近は電話一本で審査が終了するところもありますし、無人契約機もあります。実際には、最速30分で審査が終了するところもあるようです。また、銀行系カードローンご利用される場合で、もしその銀行のネットバンキングをすでに使っていらっしゃる場合には、面倒な書類手続き無しでインターネット上でにお申込みされた後に利用することも可能です。

またお金が必要なときに少しずつ1000円単位で借入することが可能です。返済もコンビニで手軽に出来ます。

どうですか?一気にキャッシングが身近に思えて来ましたよね。賢く便利に使って賢く節約しましょう。