マイカーローンの銀行の審査でより確実に通過するには?

マイカーローンの銀行の審査でより確実に通過するには?

マイカーローンを組もうと考えています。銀行はどこでもいいのですが、どうせ組むなら、審査が通りやすい銀行でマイカーローンを組みたいです。銀行の審査でこのような大型ローンを組む時に落とされないようにするコツなどがあったら教えてください。

長期の大型ローンで重要なのは収入の高さではなく職種です

不動産ローンや、マイカーローンのように、返済が年単位に及ぶ長期ローンの場合、金融機関の審査で重要になってくるのは、収入の高さよりも、安定性つまり返済過程で収入が無くなる心配がないかどうかということです。非正規雇用の場合、このような長期ローンを組むのは至難の業です。正規雇用であっても、勤務経験が短い場合もやはり難しいでしょう。貸し手がどうやって、契約者の職業の安定性を判断するかというと、一番の判断材料は勤続年数です。そして、それと同じぐらい重要なのが、職種です。一番信頼性が高いのは、言うまでもなく公務員です。公務員に限っては、勤続年数が短くても、大型ローンを組むことができます。流石に勤務歴が半年以下だと厳しいですが、例えば、ほかの職業だと3年以上勤務していると組みやすいと言われる住宅ローンであっても、国家公務員であれば、2年以上勤めていれば、たいていの金融業者で住宅ローンを組むことができます。

しかし、勤務歴も職種もおいそれと変えることや水増しすることはできないでしょう。そういったときに重要なのが、大型ローンを申し込む金融業者との信頼関係です。簡単に言えば、その人本人の信用が既にあれば、多少の便宜を図ってもらいやすくなるということです。例えば、銀行に定期預金がある場合、加えて、以前に借入をしたことが有り、かつ返済を無事に完了している場合、こういった返済能力以外のアドバンテージを確保していれば、返済能力の査定が甘くなることがあります。

銀行マイカーローンの審査に通らないときのためのキャッシング

家の次に高価な買い物である自動車は、1台を購入するのに安くても100万円、高級車となると500万円を超える場合もあります。これだけの資金をキャッシュで用意できる人は非常に少なく、多くの人は何かしらのローンを組んで自動車を購入することになります。自動車購入を目的としたローンには、銀行のマイカーローンがあり、金利は比較的低めになっていますが、厳しめの審査に通らないケースもあります。

一昔前であれば状況は異なりますが、現代社会では車は必要不可欠で、車のない生活など考えることはできません。従って、通らなかったからと言って、自動車の購入を諦めるわけにはいきません。それでは、いったいどうすれば良いのでしょうか。

マイカーローンよりも簡単に借りれるローンとしてキャッシングが挙げられます。安定した収入を得ている人であれば、パートやアルバイトでも利用することができるキャッシングでは、マイカーローンでは足りない部分の借入を、無担保かつ保証人なしで申し込むことができます。金利は契約時の借入限度額にもよりますが、年利5%~20%ほどになります。

キャッシングの申し込みはとても簡単で、パソコンを持っていればインターネットから申し込みができ、パソコンがなくても電話や店舗で申し込みが可能です。申し込みに必要な書類は運転免許証などの本人確認書類と、給料明細書などの収入確認書類だけです。申し込みをしてから、契約までの手続きは非常に簡単で、急ぎの場合は即日~数日、そうでなくても1週間あれば十分です。

キャッシングを利用した場合、借入した金額に応じて毎月少しずつ返済をしますが、思わぬ収入があった際などは銀行やコンビニなどで簡単に返済することができ、その利便性の高さはマイカーローンにはない魅力です。マイカーローンに通らない場合、通らない金額だけでもキャッシングで補えば、自動車の購入を諦めることなくカーライフを存分に満喫することができます。