一日でもダメ?キャッシングでどうすると延滞になるの?

一日でもダメ?キャッシングでどうすると延滞になるの?

キャッシングをした時に、どうしてもお金の都合が付かずに、指定日までに返済できないときはどうすればいいんですか?延滞などの履歴を作ってしまうと、次回からの借入で不利になると聞いたのですが、キャッシングで1日でも返済が遅れるとすぐに延滞行為と見なされてしまうのですか?

キャッシングで1日返済が遅れてもすぐに延滞行為にはなりません

確かに、延滞行為をしてしまうと、次回以降の金融機関利用の際に、不利になるということは事実です。しかし、、キャッシングなどの場合、返済が1日遅れたからといって、すぐに記録に残り、自己情報になるということは極めて希です。だからといって、返済しなくても大丈夫というわけではありません。例えば、少しずつ返済していたけど、指定日までに約束の金額を完全に返済しきれなかった場合などは、少しの間であれば、猶予を貰うことができます。もちろん、相手に交渉のために連絡を取ることは必須です。その時に、返済が少し遅れることを伝えて、理由を説明すれば、延滞行為とは取られずに支払いを待ってもらえることがあります。

ただし、それとは別に注意しなくてはいけないことがあります。それが、滞納行為です。延滞とは、簡単に言えば、返済をしていて期限までに返しきれなくなることをいいますが、滞納とは、返済自体を一切していないことをいいます。この場合、1日でも期限を過ぎた場合、即座に記録に載ります。猶予はありませんし、連絡しても待ってもらうことはできません。返済する姿勢を見せれば交渉の余地はありますが、例えば、相手に一切連絡せずに、支払い期限を1日過ぎて全額返済しても、滞納行為は信用情報機関に記録されます。本人は返した気になっていても、記録にはしっかりと残ってしまいます。そのため、返済期限は必ず確認して破らないようにしましょう。

キャッシングの返済は、どうすると延滞になるのか

キャッシングの申し込みを行うと返済期日が定められます。この返済期日は自分が好きな日を選べる場合や、幾つかの返済日があり、その中から都合に合う返済日を選べるなど様々です。

因みに、返済日にきちんとお金を返していると、1年ほど経過した時に増額のお知らせを貰える事も有ります。金融会社や銀行は、返済日にきちんと元金と利息を合わせて返してくれるお客さんは大切にしてくれるのです。

キャッシングなど融資を受けた場合、延滞と言うものがありますが、どうすると延滞になるのでしょうか。

先ほども説明をしたように、キャッシングを申し込んで利用を始めた時、返済日が定められることになります。この返済日に遅れる事で延滞と言う形になるのです。

また、延滞を続けている事で信用情報にも傷が付きますし、ペナルティが課せられることになります。

キャッシングの申し込みを行う時点で信用情報機関の個人情報に申し込みが在った事が記録されます。これは銀行でも消費者金融でも同じで、申し込みを行う事で誰がいつ申し込んだのかが解るのようになっています。

ブラックリストと言う言葉が在りますが、ブラックリストと言うリストが在るわけではなく、この信用情報の中に事故歴として記録されたものがブラックリストになるのです。事故歴は金融事故であり、延滞を3か月以上していたり、債務整理を行う事でブラックリストと言う事になります。

尚、ブラックリストはブラックの状態とも呼ばれており、キャッシングの申し込みを行うと、審査を行う際に信用情報の照会を行い、事故歴が在ると新たな借入が出来なくなります。

また、1日でも延滞をすることでペナルティが課せられることになります。延滞を行う事で信用情報には延滞履歴と言う形で記録が行われますので、次に申し込みを行う際には不利になります。また、延滞を行う事で遅延損害金が発生する事になりますが、消費者金融などの遅延損害金の遅延利率は利息制限法の上限金利に近い金利になっており、多くの利息を支払う必要が出てくるため、期日にはきちんと返済を行う事が重要なのです。